お腹の妊娠線が目立つなら保湿を与えよう!

妊婦

円を描きながら塗布を

お腹

呼吸も合わせて行うこと

コウノトリが赤ちゃんを運んでくるのは、家族にとっても大変喜ばしいことです。新しい生命の誕生を心待ちにしながら、女性は妊娠線予防への対処も始める為にも、専用のクリームを使ったお手入れ手順をマスターします。お腹が大きくなるにつれて皮膚は引っ張られますし、肌状態も乾きやすくなるので、妊娠線予防クリームを使ったお手入れはとても大切になります。お腹はどんどん大きくなりますので、出産を終えたあとからのケアではなく、妊娠線予防クリームを使ったお手入れは、妊娠中から始めることです。出産をしたら毎日育児にへとへとになりますので、まだおなかの中に赤ちゃんがいるうちから、妊娠線予防クリームを利用して、しっかりとスキンケアをしておきます。手のひらにクリームをとったら、両方の手のひらで少し温めて、肌へのなめらかさや浸透性をよくします。体温で温めたクリームを手のひらでお腹につけて、おへそのパーツをメインにしながら、優しいタッチで円を描きながら全体へと広げていきます。下腹部分へのケアも忘れずに行うので、おなかのサイドから恥骨の方向けと円を描いで塗布することです。クルクルと円を描くようにクリームを塗布していき、3回くらいセットで行うようにします。脇腹からおへその下にまでしっかりと専用クリームを伸ばすのは、妊娠線というのは縦に模様が入るからです。おへその下の方へ、ゆっくりと息を吐きながら伸ばして、今度は息を脇腹へ伸ばしますが、この時には息を吸いながらです。