お腹の妊娠線が目立つなら保湿を与えよう!

妊婦

毎日たっぷりがコツ

クリーム

効果的な保湿ケア対策

妊娠線を作らないためには、たっぷりと保湿をすることがもっとも重要ですので、とにかく保湿力に優れたクリームやオイルを使ってのお手入れがコツです。クリーム、オイルのどちらも共通しているのは、ローションに比べて保湿成分がより多く含まれており、しっかりと肌にハリと弾力を与え、皮膚が引っ張られる力に耐えられるようにできることです。妊娠線予防のための専用のクリームがたくさん売られているのはよく知られているところですが、実はオイルも高い保湿効果が見込めるとしておすすめです。保湿効果の高い順にオイル、クリーム、ローションとなりますので、もっとも高い保湿効果を求めるならオイルということになります。ただし、べたつきが気になるという人はクリームで対応するなど、このあたりはお好みで選ぶことになるかもしれません。保湿ケアで重要な点は、毎日欠かさず続けることと、たっぷりの保湿剤を使ってケアをするところにあります。せっかく保湿に優れているクリームやオイルを買ったとしても、十分な量を使っていないと保湿量が足りなく、妊娠線を作ってしまうことになります。また、毎日続けないと肌はすぐに弾力を失ってしまいますし、一方でお腹は日増しに大きくなっていきますので、少しの油断が妊娠線を作ってしまいます。妊娠線予防クリームは、一般的なボディクリームよりも保湿力が高くなっていますし、オイルはそもそも抜群の保湿力があることから、毎日たっぷり使ってお手入れをすることが、妊娠線予防のための効果的な保湿ケアになります。