お腹の妊娠線が目立つなら保湿を与えよう!

妊婦

予防しておけば産後も安心

化粧品

買う時の基準

赤ちゃんを授かって妊娠しますと、お腹をはじめいろいろな部分が大きくなります。そのことで妊娠線が生じる場合も多いですが、一度浮き出た妊娠線は出産後も残ってしまうため、あらかじめ専用クリームを使って予防しておくことがポイントです。妊娠線の予防クリームを選ぶ場合は、乾燥から皮膚を守ってくれる商品を選びましょう。妊娠線は体の各部位が大きくなる際、その膨張スピードに皮膚の伸び率が付いて行けず、断裂することで起きる症状です。皮膚が乾燥している状態ではその断裂も生じやすくなりますから、妊娠線の予防では乾燥を防ぐことが大切になっています。ですから、購入する際は保湿成分がしっかり入った専用クリームを探しましょう。皮膚を潤して弾力のある肌を目指すには、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが有効ですので、それらの成分を目安に選ぶことも得策です。そして、予防目的で使う場合は必然的に長期間使用することになりますから、継続できる価格の商品を選ぶ必要があります。使い続けることが肝心なため、対価格比で優れる物をチョイスしましょう。一方、専用クリームを買う時は、香りにも着目してください。普段はまるで気にならなくても、つわりの時期ではニオイが嫌で、専用クリームの使用をやめてしまうかも知れません。そこで、つわりの時期でも使い続けられる香りの商品を選びましょう。もしくは、つわりの時期だけ香りの合うクリームに切り替えることもおすすめです。